戸建て 中古

築四十五年の今住んでいる一戸建ての古い家を売ることとなった。

昨年、耐震診断を行って補助金が出る程度の耐震値をクリアする程度まで補強するには、壁や屋根などをそっくり補強しないとダメだということが分かり、それに約八百万円ぐらい費用がかかるという診断結果が出た。

この家自身の名義は、父親になっていて、既に両親とも他界しているので、兄弟2人で分割して相続することになる。なので売れた費用の半分で、新たな中古マンションを買って住み替える方向で検討を始めた。

最近郵便ポストに三社ぐらいの売家求むの広告が入っていたので、その3社に連絡を取って、評価額や販売する場合の注意事項や司法書士による相続の手続き費用、販売手続きなどの費用も教えてもらった。

で、今3社の中で2社が実際に営業マンと会って概算費用を聞き出した。

M社は920万円F社は700万円、それに後もう一社は今週会う予定なので、どんな評価額が出るか楽しみですね。

評価が高くても結局その値段で買ってくれる人が現れないと元も子もない。売る人と買う人。

需要と供給が どこで会うか?ということにつきる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました